〈茨城県結城市〉伝統、手わざ、うまいもの、あったかい人々とあなたを結ぶ。結の蔵まちガイドトップ体験メニューアクセス
結城市には、楽しく伝統や農に親しめる体験メニューがそろっています。家族みんなで遊んで学べる素敵な体験を味わいに来て下さい!
ユネスコ無形文化遺産本場結城紬

約二千年の歴史を重ね、全国にその名を知られる結城紬。鬼怒川の清流により古代から農耕が開けていた結城地方は、土地の条件が桑の生育にも適していたため養蚕が盛んでした。結城地方で織られていた紬は、室町時代には「常陸紬」、江戸時代には「結城縞紬」と呼ばれ、日本を代表する高級絹織物として人気が高まっていきました。
昭和31年には重要無形文化財、昭和52年には伝統的工芸品に指定され、さらに平成22年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

本場結城紬の特徴は、繭から作った真綿を手つむぎした糸で織りあげること。この糸は撚りがかかっていないので、空気をたっぷりと含み、ふんわりとやわらかく張りがある紬に仕上がるのです。

本場結城紬の3工程がユネスコ無形文化遺産に登録されています 手つむぎ 体験可能 絣くくり 地機織り 見学可能 紬の歴史や工程を学べる施設 紬の里 郷土館 手織工房いのせ つむぎの館 手作り工房「里」結城市伝統工芸館農産物全国2位

農業産出額全国2位を誇る農業県・茨城。結城市でもまた、豊富な水と肥沃な土地に恵まれ、たくさんの美味しい農産物が育てられています。農産物の収穫体験や採れたて特産品の産直販売などで、結城の旬を味わってください。

白菜 旬 : 11~5月 やわらかで甘みのある白菜は、有機質肥料を使い減化学農薬に力を入れるなど、安心・安全にこだわって栽培しています。 レタス 旬 : 3~5月、10~12月 有機質肥料を活用して栽培されているレタスは、シャキシャキの鮮度を保って食卓にお届けします。 トマト 旬 : 年間通して 土づくり・減化学肥料・減化学農薬に取り組んでいる「城下町ゆうきのいまどきトマト」は茨城県の銘柄産地に認定 アスター 全国有数の生産量のアスターを始め、プチひまわり、トルコギキョウなどさまざまな花卉を生産しています。
結城市の観光・農産物などに関するお問い合わせは 結城市役所 産業経済部産業振興課・農政課〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447TEL. 0296-32-1111(代表)

※このHPは国の補助金により作成されたものです。